くろまろの郷記事一覧

大阪芸術大学と協同で河内材のお土産プロジェクトがスタートしました

2015年05月01日(木)

こんにちは、奥河内コンシェルジュです。
コンシェルジュの重要な案件の一つが、新しいお土産づくりの開発サポートです。

大阪芸術大学の生徒さんが子育て総合支援センター「あいっく」にて使用されている河内材のベンチ制作のご縁から、今年、林業の問題を解決するため、河内材を知ってもらうため、大阪芸術大学プロダクトデザイン科のゼミにご協力いただき、前期と後期の授業を通して、河内材をテーマにお土産プロジェクトに取り組んでいただけることになりました。

学生たちの完成、柔軟な発想に期待です。

授業1日目には、河内長野、奥河内の情報、林業や木材の情報を提供させていただきました。
奥河内の印象を5・7・5にアウトプットしてもらったり、多くの写真や木材を通して、さまざまな情報をインプットしてもらいました。

授業の2日目には、奥河内くろまろの郷へお越しいただけました。
実際のお土産が置かれる奥河内くろまろの郷ビジターセンターや、林業開発センター「木根館」で、林業の内容や木工室見学、木工作品を閲覧しました。

お土産として並ぶ限りは、本当に売れるものである必要があります。
何回かの審査会を通し、太鼓判をおされたものだけが、実際にお土産と並びます。
ハードルは高いですが、きっと若い力、プロとして活躍されている先生方のサポートで実現すると信じて、コンシェルジュも微力ながら全力でサポートさせていただきます。

2日にわたり、駆け足でのインプット、次週からどのように授業の中でアウトプットが生まれてくるか?!
前期の集大成の発表が今から楽しみです。

そうそう、奥河内くろまろの郷のトイレ壁を季節ごとにデザインしてくれているアートプランニングチーム「ななめら」さんの代表が、大阪芸術大学建築科の卒業生です。そして見学のこの日、ちょうど作業をしてくれている日で、学生たちにとっても嬉しい出会いになりました。
こうして、人と人がつながっていく力、そういう場所になることが奥河内くろまろの郷の役割です。

●大阪芸術大学デザイン科プロダクトデザインコース
http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/departments/design/productdesign.html

●お土産プロジェクトについては、奥河内コンシェルジュまで
メール:concierge@city.kawachinagano.lg.jp
電話番号:0721-56-9606

ページ上部へ